ルアーインプレッション

DUO レアリスジャークベイト120F ルアーインプレッション

アクションレスポンスの向上と使いやすさの両立で性能UP!
フラットボディの採用でアピール力に磨きをかけたローリングミノー!

各メーカーの人気のルアーやフラッグシップモデルを個人的にテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。そのルアーが持つ特徴的なルアーの構造と形状、実際に使用した感想と独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーを解説していますが、今回はDUOのビッグミノー、レアリスジャークベイト120Fを解説してみたいと思います。

美しいフィニッシュとルアー自体の確かな性能が定評のDUO。様々なルアーをリリースしているルアーメーカーなのですが、特にジャークベイトのラインナップは多岐に渡ります。その中でもフラッグシップモデルにあたるレアリスジャークベイト120Fは抜群の人気と知名度を誇るルアーになっているので、一体どんな特徴を持ったルアーなのか気になる方も多いはず。早速その内容をひも解いてみましょう!

先生
先生
今回はレアリスジャークベイトのフラッグシップモデル、レアリスジャークベイト120Fに焦点を当てて解説します。他のサイズやモデルも基本的なアクションや特徴は共通していますよ!

レアリスのジャークベイトにはサスペンドモデルの85、100、110、120の4サイズ、フローティングモデルでは100と120の2サイズが存在しています。各モデルによって最適なアクションを発揮するよう、内部構造に多少の違いがありますが、基本的なアクションコンセプトは同じになっています。サスペンドモデルよりもフローティングモデルの方がボディウエイトが軽いのでアクションレスポンスが高く、120サイズは重心移動システムを搭載している影響でキャスタビリティー性能は高いですが、アクションのキレが鈍っています。

レアリスジャークベイト120Fのスペック

Length : 120.0㎜
Weight : 17.1g
フローティング
Hook  : #5×3フック
カラー :12色

レアリスジャークベイト120Fの構造と外見の特徴

レアリスジャークベイト120F外見や内部構造などから、このルアーが持つ本来のポテンシャルを解き明かしてみましょう。レアリスジャークベイト120Fの構造は一定の性能に特化した性質を持っています。

リップの形状

レアリスジャークベイト120Fのリップは横幅もあり、それなりの面積を確保しています。どちらかというと水を受けやすく設計されていますが、ボディ自体がフラットサイドボディを採用しているので極端に水を逃がしやすく、リップでのみ水を受けている状態となっているので巻き抵抗はかなり少な目です。

リップの角度

リップの角度は、ただ巻き特化型ミノー特有の浅い角度にセッティングされています。これによって水を逃がしやすくなり、ハイスピードリトリーブでもバランスを崩し難く、ウォブルよりもロール主体のアクションが強くなります。
最大潜行深度は0.8〜1.6m。ボディサイズやリップ形状から考えるとかなり浅い設定の潜行深度なので、いかに水の抵抗を逃がしているかわかるのではないでしょうか。

ボディ形状

ボディシェイプは極端なフラットサイドボディを採用しています。ボディ自体も正面からの水を逃がしやすい形状となっていますが、水押しを伴う強烈なフラッシングは高いアピール力を誇ります。

先生
先生
レアリスジャークベイトシリーズはアクションレスポンスを重視して固定重心を採用していますが、120サイズのサスペンド、フローティング両モデルだけが重心移動システムを採用しています。これはボディレングスに対して極端なフラットサイドボディを採用し、著しく低下してしまったキャスタビリティーを補うための策になっています。

レアリスジャークベイト120Fの特徴と長所

ここではレアリスジャークベイト120Fが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

ただ巻きで真価を発揮するハイピッチロールアクション!

ジャーキングのロッドワークにもリニアに反応し、左右へ規則正しくヒラヒラとした軽快なダートアクションをみせますが、レアリスジャークベイト120Fの特性を考えると、ただ巻きが一番性能を引き出せる使い方になります。スローなタダ巻きではキビキビとキレが良く、ピッチの細かいローリングアクションを繰り出し、軽いながらも適度な抵抗を感じる巻き心地は、単純な作業になりがちなただ巻きあってもアングラーの集中力を持続させる事が可能となっています。

フラットサイドボディが生み出す強烈なフラッシングと水押し

先に解説したロールアクションにさらに磨きをかけ、実釣性能を押し上げている特徴がフラットサイドボディが生み出す強烈なフラッシングと水押しになります。ナチュラルアクションながら強烈なフラッシングと水押し効果を発揮するフラットサイドボディは広範囲のバスへアピールする事ができるので、サーチベイトとして高い能力を発揮します。

先生
先生
レアリスジャークベイト120Fには霞ヶ浦水系を知り尽くしたロコアングラー 酒井俊信氏がセレクトした自信の5色として酒井限定カラーというラインナップがあります。

潜り過ぎない程よい潜行能力

レアリスジャークベイト120Fを使った中で、特に使いやすいと感じたのがこの特徴になります。足元に向かって浅くなっていくオカッパリにおいては非常に重宝する性能で、このルアーの使いやすさの底上げに貢献しています。メーカーのサイトでは霞ヶ浦、北浦に見られる陸っぱり遠浅エリアの攻略に最適な潜り過ぎない程よい潜行能力と、浮き具合の調整幅を持たせた強めのフローティングに設定されたレアリス ジャークベイト120Fと説明されています。

先生
先生
メーカーのサイトでは浮き具合の調整幅を持たせた強めのフローティングに設定とありますが、フラットサイドボディは元々浮力が低いので、イメージしているよりも実機の浮力は弱く感じると思いますよ。

レアリスジャークベイト120Fを使った感想と使い方のまとめ

アクションレスポンスの向上と使いやすさの両立で性能UP!フラットボディの採用でフラッシングに磨きをかけたローリングミノー!レアリスジャークベイト120Fのルアーインプレッションはここでおしまいとなります。今回のまとめとして、もう一度このルアーの特徴を振り返ってみましょう。

レアリスジャークベイト120Fの大きな特徴

・ただ巻きで真価を発揮するハイピッチロールアクション!
・フラットサイドボディが生み出す強烈なフラッシングと水押し
・潜り過ぎない程よい潜行能力

以上がレアリスジャークベイト120Fの特徴となります。
この特徴を理解して有効なシチュエーションで使ってあげるようにすれば、より効率良く釣果を伸ばすことが出来ます。

レアリスジャークベイト120Fはとても扱いやすく、しっかりとしたビジョンと明確なコンセプトの上に必要な性能を詰め込んだジャークベイトでした。他のライバルルアー達と差別化出来るような極端に尖った個性や性能を持っているわけではありませんが、まとまりが良く誰が使っても同じように釣れるルアーになっています。通常のジャークベイト使いでは100Fがシチュエーションや状況に左右されにくく、どんなフィールドでも色々なサイズのバスを連れてきてくれるので、ジャークなら100F、ただ巻きでは120Fと使い分けてみるとレアリスジャークベイトを使った楽しい釣りが展開出来るでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

ジャークベイトの使い方やオススメのタックルセッティングはこちら!!

バスが湧く!釣れるジャークベイトの基本とコツ、使い方を徹底解説!!本場アメリカではクランクベイトやスピナーベイトと並び、最もポピュラーなサーチベイトであるジャークベイト。 ハードベイトにしては中層...
釣れるジャークベイトロッドの選び方とおすすめのタックルセッティング一定のレンジてステイさせる事が出来るジャークベイトは低水温期やタフタイムにクオリティーの高いバスをバイトまで持ち込める方法として有名です...
こちらの記事もおすすめ!