ルアーインプレッション

HIDEUP HUシャッド60SP ルアーインプレッション

控えめなアピール力とライブリーなアクションは本物のベイトフィッシュそのもの!
優れたボディバランスで様々な使い方に対応するマルチシャッド!!

子供が早い春休みで釣りに行けないちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。そのルアーが持つ特徴的な構造や形状、実際に使用した感想と、独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーをインプレションしています。今回は日本最高峰のバストーナメントであるバサーオールスタークラシックをシャッドで制覇したことのある方が生み出した渾身のシャッド、HIDEUPのHUシャッド60SPについて掘り下げていきます!

HUシャッド60SPのスペック

Length : 60.0㎜
Weight : 7.0g
サスペンド
Hook  : #8×2
カラー10色

先生
先生
バサーオールスタークラシックをシャッドで制した事もあるシャッド使いの吉田秀雄さんが作った渾身のシャッドというだけでも、いったいどんなシャッドなのか非常に興味をそそられますね!

HUシャッド60SPの構造と外見の特徴

ここではHUシャッド60SPの外見や内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いてみましょう。極めてオーソドックスな外見には、シャッドに必要とされる性能をたくさん詰め込んであります。

リップの形状

出典:HIDEUP様

若干アールのついたHUシャッドのリップ形状は先端が尖ったリーフ型で、他のシャッドと比べて絞りの甘いリップの付け根部分はしっかりと水を掴んでジャークやトゥイッチにも対応しやすくなっています。ロッドワークでキレイに動く設定は、ただ巻きだと水の抵抗が弱すぎてレスポンス良くアクションする事が出来ず、結果として少しおとなしいスイムアクションになっています。

リップの角度

HUシャッドのリップ角度はロールアクションを発生させやすい水平に近い角度で取り付けられています。シャッドらしいリップ角はリップ自体の水噛みにも一役買っていて、スローからファーストまでリトリーブスピードを問わず、安定したスイミングを実現しています。

潜行レンジはやや太めの8lbラインでも約1.5m前後と、ベイトフィネスでの使用をメインとしたセッティングは、シチュエーションを選ばないレンジ設定と相まってどんなフィールドでも使いやすく、結果を残しやすくなっています。

ボディ形状

出典:HIDEUP様

HUシャッドはやや太めのボディデザインで存在感は抜群。少しおとなしいアクションながら独特のボディがしっかりと水を押し、程よいアピール力を持っています。
また、搭載される重心はレスポンスを重視した固定重心ながら空気抵抗の少ないボディ形状は、安定した飛行姿勢で優れたロングキャスト性能を発揮します。

HUシャッドの特徴と長所

ここではHUシャッドが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

低速から超高速リトリーブまであらゆるリトリーブスピードに対応

固定重心でハイバランスなボディのHUシャッドは様々なリトリーブスピードに対応し、デッドスローからハイスピードリトリーブまでバランスとアクションを崩すこなくしっかり泳ぐように設定されています。しかしながら、基本的には少し早めのただ巻きをメインに設定しているため、スローな巻きスピードだと泳ぎ出しが少し遅くなる特徴があります。

ジャーク&トゥイッチにも高次元対応

ただ巻きをメインアクションとするHUシャッドですが、ロッドワークで演出するジャークやトゥイッチなどにも高次元で対応します。他のシャッドよりも水をとらえやすい特性はロッドアクションへのレスポンスがよく、連続トィッチ&ポーズなどの動作も得意としています。

固定重心ながらも安定したキャスタビリティー性能

優れたボディバランスによる効率的な飛行姿勢と、空気抵抗の少ないボディシェイプで固定重心ながらも非常に優秀なキャスタビリティー性能を持っているHUシャッドは、ベイトフィネスタックルでも安定した飛距離を誇り、ストレスなくキャストすることが出来ます。

先生
先生
HUシャッドのキャスタビリティーはとても優秀で、ベイトフィネスタックルでも非常に使いやすく感じますね。

HUシャッドの感想と今回のまとめ

HUシャッドと同じ60㎜クラスのシャッドといえばO.S.Pのハイカットが有名です。同じ60㎜でサスペンド設定ながらハイカットのボディ重量5.3gに対しHUシャッドは7g。小さいボディのシャッドにとって1.7gのウエイト差がいかに大きい差であるかはルアーの造詣に深い方ならわかるのではないかと思います。

今回、HUシャッドを使い込んでみてはじめに感じたのは、やはり”ボディバランスの高さ”でした。様々なリトリーブスピードに対応出来るのはもちろん、ジャークやトゥイッチにもしっかり反応する特性は非常に優秀ですが、ルアー自体のウエイトが重すぎるのかレスポンスは良くありません。特に低速での動き出しでもたつく事が多く、ある程度強い水の抵抗が無いと本来の性能を発揮出来ない一面があり、特徴的なボディバランスの高さは重めに設定されたボディ自体の重量によって生み出されているモノとなっています。

優秀なキャスタビリティー、様々なリトリーブスピードとジャークやトゥイッチにも対応出来る守備範囲の広さ。HUシャッドにはシャッドに求められる性能をたくさん詰め込んでありますが、全てを求めた代償は重量過多によるレスポンスの低下だったのかもしれません。それでもなお、デメリットを十分理解した上で使うのであればとても高性能なシャッドと言えます。

多少の犠牲を払ってでも一定の性能を特化させた局地戦シャッド。

似たようなシャッドが溢れかえっている昨今、本当の意味で個性を獲得したいのであればこのくらいはやらないといけないのかもしれませんね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

HUシャッドの性能を引き出すおすすめベイトフィネスタックルはこちら!!

シャッドプラグ厨がおすすめする理想のシャッドロッドとは?シャッドプラグはタフタイムに強く、プレッシャーの高い日本のフィールドでは出番の多いハードベイトの一つですね。最近ではタックルの進化によっ...
巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 小型プラグでベイトタックルを使用出来るというのはたくさん...
使いやすさは釣果に直結!!おすすめの巻物特化型ベイトフィネスロッド5選!近年では飛躍的なベイトリールの性能向上やタックルの進化で、ひと昔前はスピニングタックルでの使用が当たり前だったスモールプラグ達もベイトタ...
こちらの記事もおすすめ!