バス釣り初心者おすすめ

オフシーズンにはまだ早い!12月のバス釣りで重要なコツとおすすめルアー。徹底解説

今年も残すところあと一ヶ月となりましたね。初霜の便りも届き、水温、気温とも急激に低下し始め、フィールドはいよいよ厳しい季節に突入しました。この時期になると釣果を出す事が極端に難しくなるため、オフシーズンと位置付けているアングラーさんも多いようです。

しかしながら、ちかみやの経験上、12月という時期はしっかりポイントさえ押さえておけばまだまだ普通に釣れる時期と言えます。さすがにハイシーズンと比べると難易度は格段に高くなってしまいますが、アングラーが減ってプレッシャーから解放されたフィールドはタイミング次第で連発なんて事も珍しくありません。
釣り自体の難易度は高く、しっかりと状況を理解していないと全く反応がないまま終了する事も珍しくありませんが、数、サイズとも大きなリターンに期待出来る魅力もあります。今回はそんな12月のバス釣りについて過去のデータと経験を元にこれだけは押さえておきたい釣り方のコツと効果的なルアーを交えつつ解説してみたいと思います。

12月のフィールド、主な特徴と傾向

12月は西高東低の気圧配置が多く、平地にあるフィールドでは北風が吹いている事が多くなります。月の中旬くらいまでは水温が2桁ある日が多いですが、バスは常にシャローにいるわけではなく、タイミング次第でシャローの一級スポットやフィーディングエリアに入って来るので、時合と日照時間が短くなるこの時期はバスの動きを読み解く力が重要となります。最初のうちはバスが差してくるタイミングが分からないと思うので、予め早いタイミングで有望なポイントに入り、バスが回遊してくるのを待った方が結果に繋がりやすくなります。

この時期になると甲殻類は冬眠してしまったり、ディープに落ちてしまうので、ほとんどのフィールドで中~小型のベイトフィッシュがメインベイトになってきます。ワカサギがいるフィールドでは特にその影響力が強く、ルアーチョイスの面ではいかにベイトにイミテートさせるかが攻略のカギとなってきます。アングラーの数も減り、フィールドからはプレッシャーが抜けて来る時期でもあるので、ハードベイトを主軸に置いた強い釣りが非常に効果的になってくる時期でもあります。

これをみると、12月はまだまだ冬というわけではないんですか?
先生
先生
12月は冬の入口といったイメージが強いですね。晩秋の釣りと冬の釣りが混在しています。12月の釣りは場所とタイミングが非常に重要です。

12月のバス、釣り方と抑えたいコツ

12月のバスは普段、ディープに繋がるブレイク下などの水深がある場所にいますが、基本的にはなかなか口を使いません。大切なのはディープからシャローへフィーディングに入ってきたタイミングにいかに合わせるか?になります。ディープに落ちているバスがフィーディングによってシャローに上がってきやすい場所がこの時期の最も有望なポイントと言え、地形変化やハードボトムが絡むシャローが最も期待出来るので、その様な特徴を持つポイントをメインに狙っていくようにしましょう。フィーディングに入るタイミングでは、メタル系のルアーを投入するよりも通常のハードベイトをスローダウンさせる方が有効で反応を得らやすいです。大切なのはスローダウンという部分で、ルアーが動くギリギリのスピードでアクションさせるとバイトに持ち込みやすくなります。ジャークベイトなどはジャークせずにただ巻きとストップ&ゴーを織り交ぜて使うと非常に効果的で、過去には巻きスピードを遅くしたら急にバイトがでたり、ジャークベイトをただ巻きしたとたんに反応が出た事も多々あります。

先生
先生
12月のバス釣りは場所とタイミング、ルアーのスピードががとっても重要です。この要素を意識してに釣ると結果が出やすくなりますよ!

12月のバス釣りに効果絶大!おすすめの最強ルアー

ここでは12月のバス釣りで実績が高く、効果的なルアーを紹介します。この時期のバスはベイトを偏食しているのでそれに準じたルアーが有効になりますが、基本的にはフィーディングでシャローの差してきたバスを迎え撃つセレクトになっています。

先生
先生
それぞれのフィールドによって効果的なルアーは違ってきます。ここで紹介したルアーを参考にして、色んなルアーを試し、自分のフィールドに合ったルアーやリグを探してみると良いですよ。

オススメルアーその1 メガバス ビジョンONETEN

この時期は北風が吹いている時が多く、水中でステイさせられるジャークベイトが強さを発揮します。特にワンテンはジャーキングからただ巻きまで幅広く対応でき、キャスタビリティーも優れているのでこの時期のメインウエポンとして活躍してくれます。

先生
先生
この時期のバスは意外とシャローにいたりします。浅いレンジのバスはやる気満々の事が多く、冬でも太っていて真っ黒な魚体をしています。

オススメルアーその2 DUO レアリスシャッドシリーズ

2つ目のオススメルアーはDUOのレアリスシャッドシリーズなります。
シャッド系のルアーはジャークベイト同様に一定のレンジで止める事が出来るので、バスの動きがスローになりがちなこの時期には効果的なルアーと言えます。特にレアリスシャッドシリーズはマグネット式の重心移動システムを搭載しているのでキャスタビリティー性能が高く、この時期の北風にも負けません。フラットサイド気味のボディ形状は直進安定性も高い上にアピール力も高く、タイトでハイピッチなアクションはこの時期にうってつけの性能です。狙うポイントの水深によって潜行深度の異なる3タイプから選ぶことも可能なので、ほとんどのシチュエーションに対応出来ます。この時期のボックスには、1つは入れておきたいルアーと言えますね。

先生
先生
レアリスシャッドシリーズはお手頃な価格も魅力の一つですね。このサイズで重心移動システムを備えたフラットサイド型のシャッドはなかなか無いので非常に重宝します。

オススメルアーその3 ジャクソン イガジグスピン

最後はこの時期に強いスピンテールジグ、イガジグスピンを紹介したいと思います。
スピンテールジグはディープで使うというイメージ強いかも知れませんが、イガジグスピンは中層を攻略するために作られたスピンテールジグで、他のスピンテールジグとは少し違った特徴を持っています。この特性がシャローを攻略する上でとても使いやすく、結果を残しやすくしてくれます。

先生
先生
上記した3つのルアーがこの時期はとても効果的です。フォローベイトはダウンショットが有効で、マス針を用いたダウンショットでロールを出しやすくすると良いですよ!

12月のバス釣り コツとおすすめルアーのまとめ

12月のバス釣りで有効なルアーと釣り方コツの紹介は以上になります。
もう一度要所をまとめますと・・・

12月のバス釣りで大切な要素

・12月のバス釣りはディープ隣接のシャローを狙う。地形変化やハードボトムが絡むと効果的。
・タイミングがとても重要。差して来るタイミングが分からない時は予め先回りしてタイミングを合わせる。
・ルアーのスピードは極力遅め、デッドスローのただ巻きかストップ&ゴーが有効。

といった感じになります。
この記事の内容が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!