バス釣り初心者おすすめ

トップで釣りたいならコレ!おすすめの名作ペンシルベイト3選と釣れる動かし方、使い方

トップウォーターゲームの中では最もオーソドックスなルアーであるペンシルベイト。数あるトップウォータープラグの中でもトップクラスのバイト率を誇り、実に様々なサイズのバスをたくさん連れて来てくれるルアーなのですが、他のルアーと比べると釣り人の操作に頼る部分が大きく、しっかりと動かしてあげないとその性能を存分に発揮する事が出来ません。特に初心者の方はペンシルベイトの操作自体に一種の苦手意識を感じている方も多いようです。

そこで今回は実績も多くて本当に良く釣れるおすすめのペンシルベイトとその使い方、動かし方を特別にご紹介したいと思います。

先生
先生
ペンシルベイトに限らず、トップウォーターゲームは釣れないイメージがあるかも知れませんが、実際にはとても釣れるカテゴリーなんですよ!トップウォーター縛りでバス釣りを楽しむ方が多いのも良く分かります。

おすすめペンシルベイト3選

ここでは、私や仲間達が実際に使って、使いやすくて良く釣れたペンシルベイトを3つご紹介します。初心者の方にも扱いやすいのはもちろん、どれも基本性能が高いルアーなので皆さんのトップウォーターゲームを強力にバックアップしてくれるハズです。

おすすめその1 ラッキークラフト サミー


はじめに紹介するのはラッキークラフトのサミーです。誰もが知っているサミー一番の特徴は非常に操作しやすい部分で、初心者の方でも直ぐにアクション出来るようになります。ペンシルベイトに求められる性能をほとんど持っているので、実績も豊富でアングラー技量に左右されずに誰でも釣れるアクションを繰り出す事が可能な名作中の名作と呼べるペンシルベイトです。

おすすめその2 ティムコ レッドペッパーJr


続いてのオススメはティムコのレッドペッパーJrになります。

オリジナルよりもひと回り小さいJrはどんなフィールドでも安定した釣果を出す事が出来る優等生です。レッドペッパーの最大の魅力はその独特なダイブアクション。操作は慣れるまでやや難しいですが、レッドペッパーでしか釣れないバスは確実に存在しています。

おすすめその3 ダイワ スティーズペンシル60F


最後のおすすめはダイワ、スティーズペンシル60Fですね。

ボディが小さいのでスピニングタックルを使う事が前提になりますが、スティーズペンシルのように小型のペンシルベイトというのは非常にだましやすく、シルエットが重要なトップウォーターゲームにおいて大きなアドバンテージになります。特にスティーズペンシルは初心者の方でもとても扱いやすく、時には物凄い力を発揮する事もあるので、先ずはトップウォーターで結果を出して自信をつけたいと考えてる方にはうってつけのルアーと言えます。

ペンシルベイトの釣れる動かし方と使い方

ここでは結果に繋がりやすいペンシルベイトの動かし方、使い方を解説します。
押さえておきたい基本アクションは3種類。下記に紹介する使い方が実績も多くとてもおすすめな使い方です。

ドックウォーク

ドックウォークアクションはペンシルベイトの基本アクションです。

ロッドをチョンと動かして、たるんだラインをリールで巻き取り、またロッドの先端をチョンと動かして、たるんだラインをリールで巻き取る・・・この動作の繰り返しになります。

大切なのはルアーを動かす時はロッドの先端を動かしてアクションさせることで、リールはたるんだラインを回収するだけです。初めは難しく感じるかもしれませんが、少しの練習で直ぐにキレイにアクションさせるリズムをおぼえられますよ。

サイドポップ

サイドポップはザラスプークなどの”水平浮き”ペンシルベイトが得意とするアクションで、ドックウォーク時にボディ側面で水を押し、ポッパーのようなポップ音を発生させるテクニックの事です。アピール力の高いポップ音を発生させるので、比較的アピール力が控え目なものが多いペンシルベイトでも、より遠くのバスやレンジの深いバスに気付いてもらう有効な手段になります。

やり方は簡単で、上記のしたドックウォークアクションとほぼ同じ操作になりますが、ロッドでルアーを動かす際に強めにアクションさせてあげるだけです。ペンシルベイトによってはサイドポップのやりやすいルアーとそうでないルアーがあるので気を付けましょう。

ダイブ

ペンシルベイトの高等テクニックの一つにダイブアクションがあります。

主に”垂直に近い浮き姿勢”で設定されている一部のペンシルベイトでしか出来ないアクションになりますが、ハマった時の爆発力は凄まじいものがあるアクションになります。

垂直浮きのペンシルベイトをロッドで強く煽り、アクションさせると、ルアーによっては水中に飛び込んでしまうペンシルベイトがあります。水中に潜った際にロッドを手前に引き続けてあげるとペンシルベイトのオデコの部分に水の抵抗を受け、ミノーのように泳がせる事が出来ます。これがダイブアクションと言われるアクションで、水面に出きらないバスにとても効果的なアクションになっています。

ペンシルベイトが使いやすくなる理想的なロッドとライン

ペンシルベイトはロッド操作が多くいので、短めのレングスが非常に使いやすくオススメです。標準的な体格の方なら長くても6.4ftまでが使いやすく、それ以上長いとロッドを下に構えてアクションさせた際に水面を叩きやすくなってしまいます。ペンシルベイトはキャスタビリティーの高い物が多いので、ショートロッドでも十分な飛距離を稼ぐ事が出来ます。

ロッドのパワーはML~Mクラスが使いやすく、やや先端が柔らかくて曲がりやすいレギュラー寄りのアクションがベストマッチです。先端まで硬いロッドでは強めにアクションした時にペンシルベイトが水をとらえきれず、飛び出してしまう事が多くなりロッド操作に気を使わなくてはなりません。

ラインはナイロンラインかPEラインを使いましょう。

比重の高いフロロではペンシルベイトの性能を十分に発揮出来ない上に、浮力が弱いペンシルベイトだと最悪アクションしなくなります。PEラインはメリットも多いですが、デメリットもあるので熟練度の高いエキスパートアングラー以外はナイロンラインの方が操作に集中出来て結果に繋がりやすくなります。

先生
先生
ペンシルベイトは下から見上げるルアーなのでシルエットがはっきりする黒系がどんなシチュエーションでも安定した釣果を残しやすいですね。

ペンシルベイトが活躍する時期とシチュエーション

ペンシルベイトは年間を通して活躍するルアーです。水面が凍るような厳寒期でもトップに反応するバスはいますし、トップウォーターでしか釣れないバスはたくさんいます。

その中でも、最も効果的なのはアフター以降の時期で、水温が急激に上がるこの時期はバスは浅いレンジで上を意識している事が多く、追いかけるベイトもオイカワなどの比較的大型のベイトに変化してきます。水面付近でバスが魚系のベイトを追いかけている状況ではペンシルベイトによるトップウォーターゲームがとても有効です。

おすすめなペンシルベイトとその使い方 まとめ

以上でおすすめなペンシルベイトとその使い方の紹介はおしまいになります。

トップウォーターゲームは爆発力が高く、とても再現性がある釣りなので一度釣れるとしばらく同じ釣り方で釣れ続くこともしばしばあります。初心者の方には少し敷居が高く感じるかも知れませんが、今回紹介したペンシルベイト達はそれぞれトップクラスの性能を持ったルアーばかりです。機会があれば実際にその実力を皆さんの手で確かめてみて下さい。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!