ルアーインプレッション

メガバス SHADING-X(シャッディングX) ルアーインプレッション

絶妙なステイ姿勢とリアルなフォルムは必見!
繊細なアクションでオープンウォーター攻略に特化した匠のシャッド!!

釣れたバスのニオイは嗅いでしまうタイプのちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。そのルアーが持つ特徴的な構造や形状、実際に使用した感想と、独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーをインプレションしています。今回はメガバスからリリースされている正統派シャッド、シャッディングXを掘り下げていきます!

シャッディングXのスペック

出典:メガバス様

Length : 62.0㎜
Weight :  3/16oz.
サスペンド
Hook  : #8×2
カラー12色

先生
先生
シャッディングXには55㎜のダウンサイジングモデルと75㎜のサイズアップモデルがリリースされています。55㎜の方はタフコンディションに強く、75㎜モデルはアピール力の弱いフラットサイドクランクのようで優秀なアピール力を持っています。

シャッディングXの構造と外見の特徴

ここではシャッディングXの外見や内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いてみましょう。極薄なボディフォルムや背中側に配置した可動式バックマウントウエイトなど、このルアーはかなりこだわって作られています。

リップの形状

出典:メガバス様

カッティング・ウィロービルと呼ばれるシャッディングXのリップは中央に向かって少しくぼんでいて、水を受けやすくも非常に逃がしやすい特徴があります。縦長でやや長めのリーフ型リップはタイトなロールアクションを主体とし、ストラクチャーに当たるとヒラを打ちやすい性質をしています。

リップの角度

出典:メガバス様

シャッディングXのリップ角度はシャッドらしく、かなり水平に近い角度で取り付けられています。ボディ上部へキレイに水を流すリップ角は前傾姿勢を保つと同時にレスポンシブで泳ぎ出しの早い特性を実現させています。

潜行レンジはシリーズ共通で1~1.5m程度に設定されており、バス釣りにおいて最も重要なレンジを重点的にサーチ出来るセッティングになっています。

ボディ形状

クラス最薄のボディシェイプを身に纏う究極のリアルフォルムを追求したシャッディングXのボディ形状は、優れた飛行姿勢とスイミング姿勢の安定化を両立させています。内部に搭載されたトライアングル・バランシングシステムは極薄ボディフォルムながら、高いキャスタビリティーを発揮し、背中側に配置したバックマウントウエイトを可動式にすることで、止めた時には水平姿勢でサスペンドして喰わせのタイミングを演出します。

シャッディングXの特徴と長所

ここではシャッディングXが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

絶妙なアピール力の強さ

最近リリースされているシャッドは、そのほとんどがハイピッチなアクションをメインとしていますが、シャッディングXのアクションは非常に弱く、ピッチもかなり控え目になっています。様々な巻きスピードでしっかりアクションする設定は、現在主流の早巻きよりも少しスローな巻きスピードの方が相性が良く、小さいシルエットだけでは反応しないようなタフコンディション時のバスにとても有効な特性となっています。

水平に近いサスペンド姿勢

スローに誘ってじっくりみせるタイプのシャッディングXは本物のベイトフィッシュさながらの水平姿勢でステイ出来ます。水平姿勢でのサスペンドはバスがセレクティブな状況で非常に強く、状況によってはシャッディングXのステイにしか反応しないなんて事も多々あります。

先生
先生
昔はシャッドのお腹に板オモリを貼って、水平姿勢にするチューニングがとても効果的でした。

様々なアクションに高次元対応

オープンウォーターでの使用をメインにしたシャッディングXはただ巻きの他にトゥイッチやストップ&ゴーなど、様々なアクションに対応出来ます。一つのルアーで様々なアクションに対応出来る特性は非常に使い勝手が良く、バスからの反応をうかがいながらその日に効果的なアクションを探す事が出来ます。

先生
先生
シャッドの中でもかなりフィネスな部類に入るシャッディングXは、何も無い中層でも気難しいビッグバスをバイトに持ち込める高い実釣性能を持っています。

シャッディングXの感想と今回のまとめ

まるで本物のベイトフィッシュのような美しいフィニッシュも、メガバスルアーの特徴ですね。所有感を満たしてくれるルックスは、信じてキャストを続ける事の出来る集中力にもつながります。

タイトかつアピール力の弱いアクションでタフコンディションにとても強いシャッディングXは、最もフィネスで食わせる力の強いシャッドの一つと言えます。

トゥイッチやストップ&ゴーなど、オープンウォーターでもバイトに持ち込めるアクションとスペックを持ち、ステイでも見切られる事なくバイトを誘い続ける特性はひと昔前のシャッドに多く見られる設定で、基本的に早いスピードで巻き続ける最近のシャッドと比べるととても新鮮に見えます。

現在主流のシャッド達とは少し使い方が違うので、そのようなシャッド達と同じように使ってしまうとパッとしません。

その点では使い手を選ぶルアーと言えますが、主要のビッグトーナメントや大会で活躍するその実力は本物。

シャッディングXはそれほどまでの実釣性能を秘めたルアーと言えるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

シャッディングXにマッチするベイトフィネスタックルはこちら!!

シャッドプラグ厨がおすすめする理想のシャッドロッドとは?シャッドプラグはタフタイムに強く、プレッシャーの高い日本のフィールドでは出番の多いハードベイトの一つですね。最近ではタックルの進化によっ...
巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 小型プラグでベイトタックルを使用出来るというのはたくさん...
使いやすさは釣果に直結!!おすすめの巻物特化型ベイトフィネスロッド5選!近年では飛躍的なベイトリールの性能向上やタックルの進化で、ひと昔前はスピニングタックルでの使用が当たり前だったスモールプラグ達もベイトタ...
こちらの記事もおすすめ!