ルアーインプレッション

エバーグリーン ファクト クラフト ルアーインプレッション

レスポンス重視の設計でストライクチャンスを最大化!
丁寧な作り込みで使いやすさと基本性能を備えたタイニークランク!

新しいクランクベイトは実際に使ってみないと気が済まないちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はエバーグリーンのリリースしている細かい作り込みが特徴的なタイニークランク、クラフトの特徴と性能について解説していきます。

クラフトのスペック

Length : 47.0㎜
Weight : 6.5g
フローティング
Hook : EGトレブルマジック #8×2
カラー :16色

使いやすさ
実釣性能
おすすめ度

先生
先生
基盤リップとマグネット式の重心移動システムでタイニークランクとしてはゴージャスな装備のクラフト。ひと回り小型で同じコンセプトを持つスピンクラフトもリリースされ、状況によって使い分ける事で幅広い状況に対応出来ます。

クラフトの構造と外見の特徴

ここではクラフトの主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

クラフトのリップは素材をサーキットボード製とし、形状をオーソドックスなラウンドとしています。非常に薄く硬質なリップは水を良く噛んで高いレスポンスを発揮し、抜群の泳ぎ出しを実現。リップで受けた水はボディ上部(背中方向)に抜ける設定なのでスイム姿勢が安定し、少しおとなしめなウォブルにロールが交じるアクションセッティングになっています。

リップの角度

出典:エバーグリーンインターナショナル様

クラフトのリップ角度はボディに対して水平に近く、受けた水を逃がしやすい角度で理想の巻き心地を獲得しています。ラインアイはノーズアイとし、長く張り出したリップがバンパーの役目をするので思っている以上にスナッグレス性能は高め。ハードボトムのボトムノッキング程度であればストレスフリーで巻き続ける事が出来ます。

潜行レンジは約1.0~1.4m。ボディが小さい分使うラインの影響を受けやすく、太めのラインではあからさまに潜行レンジが変わります。裏を返せば、その分レンジコントロールしやすいとも言え、しっかりしたタックルセッティングであれば潜行レンジを自由に設定する事が可能です。

ボディ形状

出典:エバーグリーンインターナショナル様

大きすぎず小さすぎずの釣るための絶妙なサイズ感とコンパクトながらもボリュームのあるファットボディで、タイニークランクベイトの弱点でもあった浮力を確保しながらも根掛かり回避性能がアップさせたクラフトは、テールの先端までファット形状を保ったデザイン、かつリアアイの位置を考慮した最適設計によりウエイトがボディ最後部まで移動。コンパクトながらもベイトタックルで十分な飛距離とアキュラシーを実現しています。

また、ヘッドからバック(背中方向)にかけてフラット化し、アクション時に適度な水の抵抗を受けるよう設計。基盤リップにより生み出されるキレのあるアクションに、より一層のキレ味を与え、フラットな背面と側面のコントラストにより、フラットサイドクランクのようなメリハリのある明滅効果も生み出します。

クラフトの特徴と長所

ここではクラフトが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

泳ぎ出しの早いハイレスポンスボディ!

フラットなヘッド形状とサーキットボード製のリップ、マグネット固定式の重心移動システムのゴージャスな装備で立ち上がりの早さと超ハイピッチローリングアクションを実現したクラフトは、リトリーブ直後からキレのあるアクションを発生させると同時に絶妙なリトリーブ感を両立。ルアーの状態が手に取るように分かる使用感はカバーヒット時の感度も良好で、バスをバイトに持ち込むチャンスを最大限に活かすことが出来ます。

タフコンデションに強いスモールシルエット!

タイニークランクらしいコンパクトなシルエットでタフコンデションにとても強いクラフトは、フィールドのコンディションに左右されにくく、常に安定した実釣性能を発揮します。

特にタイニークランクは「バスはこの辺にいるはずなんだけどバイトまで持ち込めない」というシチュエーションで威力を発揮するルアー。強すぎず弱すぎない適度なアピール力と小さなシルエットでプレッシャーにも強いタイニークランクは、常日頃プレッシャーの影響を受ける日本のフィールド事情に非常にマッチしたルアーだと言えます。

タイニークランクとは思えないキャスティングパフォーマンス!

タイニークランクの最大の弱点といえば、「ロングキャストが難しい」という部分になります。小さなボディでは複雑な内部構造を必要とする重心移動システムの搭載が難しかったのですが、クラフトはファットボディとファットなテールにより内部空間を確保して大掛かりな重視移動システムを搭載。6.5gというウエイトながらベイトタックルでもストレスなく扱える特性は高いキャスタビリティーとアキュラシーを両立させています。

先生
先生
サーキットボード製のリップにマグネット式の重心移動システムで完全武装したファクトは、非常に丁寧な作り込みで様々な部分に作者のこだわりを感じるルアーになっています。

クラフトの感想とまとめ

タイニークランクの小さなボディに、クランクベイトとして必要な性能と使いやすさを盛り込んだクラフト。

本格派シャロークランクにも負けないレスポンスと小さなシルエットは現代のフィールド事情にとても効果的で、サーチベイトとしての実力はかなり高めとなっています。

小さなこだわりをたくさん詰め込んだボディは非常に丁寧な作り込みで、製作者の”意図”が感じられるほど。ルアー自体の基本性能もタイニークランクの中ではトップクラスと言えるでしょう。

ただ個人的には「クランクベイトらしさ」が少し足らないかな?と感じます。コンパクトなシルエットは確かにタフコンデションに強く、状況次第では高い実釣性能を発揮しますが、あまりにも食わせにフォーカスした性能特化は、本来クランクの持つアピール力やパワーを感じられません。

もう少し思い切った設定だったら今頃は「名作」と呼ばれるルアーになっていたかも知れませんね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
本当は教えたくない!実釣性能がぶっ壊れたおすすめクランクベイト5選クランクベイトはバスフィッシングで使用するルアーの中でもトップクラスの人気を誇り、現在では様々なクランクベイトが市場に溢れています。たく...
こちらの記事もおすすめ!